効果的な腹筋の鍛え方



腹筋の鍛え方【スロートレーニング】

 

 

腹筋の鍛え方には、スロートレーニングと言う鍛え方が有ります。

 

これは、現代人の為のトレーニング方法と言えて、仕事が忙しく時間が無い方、プライベートが忙しく時間が無い方、何かを継続させるのが面倒な方にオススメのトレーニングになります。

 

何故スロートレーニングがオススメの腹筋の鍛え方になるかと言うと、1日に短いトレーニングを数回行うだけで、絶大な効果を感じさせてくれるからです。

 

通常、筋トレをしなくてはと言うと腹筋や腕立て伏せを30~50回×3セットで行う等して、ある程度回数を行って鍛えていくと思いますが、スロートレーニングはその考えを覆して、短時間で数回のトレーニングだけで効果が出ると言う物です。

 

そんなスロートレーニングを腹筋に行ったら、良い鍛え方になるのではないでしょうか。

 

【スロートレーニングで腹筋】
1.先ずは膝を立てて仰向けに寝て、手の平を太ももの上に置きます。
2.「1」~「4」までゆっくり数えながら足を上げていきます。太ももに置いた中指が膝に触るまで上げるのが目安です。
また、息を吐きながら上げていくとより効果的です。
3.ゆっくりと息を吐きながら足を下げていきましょう。出来れば上半身は肩を床に付けないようにすると効果的です。

 

たったこれだけで良いのです。これを1回あたり10回程、1日2セット程できる様に徐々に進めていきましょう。効果は直ぐ出る物では有りません。焦らず、1ヶ月位は最低様子を見る様にしましょう。